ドイツ・イベント

ドイツの民族衣装*ディアンドルとレダーホーゼ

はろーみなさんっっ♡

にこです!!

 

今日は
ドイツの民族衣装について
書いていこっかな。

だって、

ディアンドルにしてもレダーホーゼにしても
オクトーバーフェスト行く時に
買う人もいるでしょ?

ってか、そもそも

ディアンドルってなに?っていう人もいるかもしれないね。

とにかく
今日のテーマは
ドイツの民族衣装についてです!!

 

では、いってみよう!!

 

ドイツの民族衣装

そもそも、民族衣装とはなんぞや?という方。

 

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、
ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、
民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。

関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。

ウィキペディアより抜粋↑↑↑

 

日本では着物にあたりますよね。

ドイツの民族衣装は
女性が着るディアンドルと
男性が着るレダーホーゼがある。
ちなみに、女性用のレダーホーゼもあり
私も何度か会場で着ている人を見たことあります。

 

ドイツでは民族衣装を着る機会というのは
結構多くて、オクトーバーフェストや地元のイベントなどでも着ますが、古典的なドイツの結婚式だったり、
普段の食事でドイツ料理を食べに行く時にも
着たりするそうです。(ドイツ人の友人が話してくれました)
※私の場合、オクトーバーフェストが開催される街
ミュンヘンに住んでいたので比較的によく目にする機会があったのかもしれません。

 

ディアンドル

まずは、ディアンドルについて。

ディアンドルは女性が着る民族衣装です。

ディアンドル(Dirndl)

ドイツ南部バイエルン州からリヒテンシュタイン公国、オーストリアチロル地方にかけての女性の民族衣装。

アルプス山脈の農家の女性が着ていた伝統的な衣装が基礎になっている。ディアンドルは南ドイツのバイエルン・オーストリア語で「娘さん」や「お嬢さん」という意味。オーストリアの街中に出稼ぎに来た農村出身の若い小間使い達に対する「お嬢さん」という呼びかけが、そのまま彼女達が着ていた服装の名称になった。

労働着としての出自から、ほかの西欧および中欧の民族衣装に比べても構成、装飾が非常にシンプルである。1870年代になって、オーストリアで上流の女性にも着られるようになり、ベルベットなどの高価な生地で仕立てられ、刺繍などの装飾が施されるようになった。
現在は日常着としては着用されていないが、五月祭やオクトーバーフェストなどの伝統的な行事の会場で見ることができる。

ウィキペディアより抜粋↑↑↑

普通の洋服のようにブラウスやスカートなど
形や色も様々なバリエーションがあります!

 


画像元‥okotoberfest.de


画像元‥oktoberfest.de

 

 

スカートも膝上からひざ下、足元まで様々です。


画像元‥Alpencrassic

スカートが長い感じのはこちら。


画像元‥Alpenclassics

ブラウスも胸元を隠すバージョンもあります。
若い女性達はやっぱり胸元開いてますけど
落ち着いた年齢の方や
日本人で胸元開いたのを着るのに抵抗があるっていう方は
首元までしっかり閉まるブラウスもあったりしますよ。

 


画像元‥Alpencrassic

あと、ブラウスを購入した時の衝撃がこちら!!

ででんっっ!!


画像元‥Oktoberfest.de

 

え、あの…?
胸元だけ隠れているんですか?
お腹はスッポンポン??(゜o゜)

 

あとは、ディアンドルのドレスの中に隠れて見えないからって

なんとも、合理的なつくり。

さすがドイツ。

 

ディアンドルを購入する際は必ず試着しよう!!

 

ミュンヘンでは
いたる所にディアンドルが売られているショップがあります。

値段もピンからキリまでです。

安くて全部ブラウスなど揃えても100ユーロ以内で揃えられます!

まぁ、私はあんまり安いのはおすすめしません。
着物と同じで安い素材で出来ているので
見る人には分かるからね。

あら、これ安そうって。

観光客で
その場の1,2回限りなら全然アリとは思いますけど。

 


画像元‥alamy.com

店員さんに試着していいか尋ねたら必ずOKって言ってもらえるので
試着して、自分の身体のサイズに合うのを選びましょう。

ちなみに、
試着してもいいですか?のドイツ語は

「Kann ich es anprobieren?」

もしくは
「Darf ich es anprobieren?」

店員さんに聞くと
店員さんが試着室に案内してくれます。

 

私が何故試着をお勧めするのかというと、
そもそも、ドイツのディアンドルなんて
着方すら分からなかったから。

試着して、店員さんに見てもらって
あれ?何か小さい?って思っても
後ろのチャックすら閉まればOK!!

ちょっとユルユルの隙間があってもダメで
ギュギュギュって
締め付けられるくらいの
サイズが一番良いんだとか。


画像元‥oktoberfest.de

この紐の閉め方すら分からなかったし、この紐も
ギュギュギュって締め付けられるの。

そうすると、あら、
不思議。

胸元の谷間が出来上がる。笑

 

ディアンドルショップは
見るだけでも楽しいと思います♪

 

エプロンの結び方に注意っ!!

知っていましたか?

ディアンドルを着る際に
エプロンの結び方なんて気にしていない人もいるでしょう。


画像元‥https://www.dirndlschleife.de/

 

私の友人は
普通にエプロン感覚で後ろ側に結んでいたら
会場で知らぬ人達から
「あら、お気の毒にね…こんなに若いのに。」

と何人からも声をかけられて。

 

何なに??

って思ったら
後ろに結ぶのは未亡人という意味があったのです!!

知らないと恥ずかしい思いもするかもしれません。

では、改めて
結び目の意味をこちらで紹介。

※結び目の見方は自分から結んでです。
・右側…結婚している もしくは パートナー(彼氏)がいる
・左側…彼氏やパートナーがいない。シングル。
・前側…少女や幼い子ども。
・後ろ側…未亡人。(旦那さんを亡くされた方)

彼氏募集の場合はもちろん
結び目は左側でいいと思います。

ただ、会場では、やっぱり
酔っぱらいや
身体の関係を求めてくる人達も沢山寄ってくるので
注意されてくださいね。

 

ふつうに、知らぬ人同士が
キスしたりいちゃこいたりもしています。

 

お酒の力って怖いですね。

特に日本人の観光客の方。

外国人=カッコいい

というマジックに陥りがちなので

そんな軽々しい人達の
餌食にならないで欲しいなっていう
私からの勝手な願いです。

レダーホーゼ

女性にもレダーホーゼがあるんです。

レダーホーゼって
ドイツ語でLederhose
って表記されるのですが
Leder=革
つまり、革のズボンなんです!!

だから、レダーホーゼ私は購入したことはありませんが
ディアンドルよりもはるかに
値段が高いと思います。
ズボンだけで100ユーロは超えると思われます。

安いのはおそらく本物の革ではないでしょう。

 

 

ドイツでは結構
女性同士の恋愛だったり
男性同士の恋愛だったり
色んな事がオープンです。

私が保育士していた時の同僚も
一人いました。

女性が好きな方が。

何かショートカットで
サバサバしていて男らしいな、とは思っていましたが
こんなに身近にいるのね!?と
驚きました。

そんなLGBTの方にとっても
レダーホーゼが着れるのって
いいな、って思いました。


画像元‥amazon.de

 


画像元‥noise

私の個人的な感想ですけど
女性が着るレダーホーゼって
ディアンドルよりもセクシーな感じです。

どちらかというと
ディアンドルは
女性らしい衣装だなって思います。

 

長い丈のもありますよ。


画像元‥limango

 

 

はい、では
続いて男性いってみよう!!


画像元‥oktoberfest.de

ズボンの長さだけでなく
シャツもチェックだったり白だったりと
色々気分によっても変えたり出来ますよね。


画像元‥oktoberfest.de

ちなみに、なのですが
私は白シャツの方が好きでしたね。

それで、ベストとか着ていると
紳士な感じ♡♡♡

ま、私の好みですけどね。笑

 

民族衣装はその国柄に合った体格で作られている!??

これもドイツ人の女友達が言っていたのですが

ドイツ人の友人
ドイツ人の友人
日本人が
ドイツの民族衣装着たら
細過ぎて似合わない。(男性の場合の話)
日本人はみんな細いから。


 

このレダーホーゼから、

ガチガチな筋肉質な足が出てくるのに、
日本人はひょろ過ぎる。


画像元‥lacrossetribune

た、確かにーーー(*´Д`)

女性もあんなに胸がふくよかで
谷間がいっぱい見えているけれど
日本人からしたら
考えられない感じだもんね。

着物は肌を見せない感じだし。

 

やっぱり、民族衣装って
それぞれ
その国の人達に合う感じで作られているんだろうなって思います。

勝手な憶測ですが。

 

 

そしてこれも余談なのですが

私がドイツへ行った1年目に
ディアンドルを購入。

また、次の年に今度は
奮発して綺麗目な良い感じの素材で出来たディアンドルを購入。
友人から貰ったものも合わせて計3着は持っていました。

 

オクトーバーフェストやフルーリングフェストなどで
着ていましたが
ドイツ滞在4年目にして
着ることに対し抵抗が出てきました。

 

なんか、恥ずかしい。

 

なんというか、

なんか、

コスプレしているみたい…

これは、私が感じたことなんです。

年とったから?

何か違和感。

 

そこからは、
友人達とイベントへ行こうってなった時は
普段着で参戦したりしていました。
(そもそも、オクトーバーフェストに行きたいという気持ちもなくなり、行かなくなりました)

おわりに

ミュンヘンのHauptbahnhofの中央駅にも
ディアンドル売られているの見ましたし
ミュンヘン街中には
いたる所にショップがあります。

 

せっかく
オクトーバーフェストに行くのなら!!

民族衣装を着て参戦するのも全然ありだと思います!

私は日本へ帰ってくる際に
もう必要なくなったディアンドル
友人にあげるなどして全て手放しました。

 

もうディアンドルを
着ることはないのかもしれませんが

 

あの、

初めてディアンドルを試着した時のワクワク感。

凄く楽しかったです!!

 

みなさんも
ドイツへ行く際は
是非とも
ドイツの民族衣装着て
ドイツを感じてみてください♡

 

ではではーーー
またねーーん!!

 

ちゃおっっ♡

知っていたら絶対盛り上がる!ドイツ*オクトーバーフェストで流れるミュージック♪ はろーみなさんっっ♡ にこです** この前ドイツのStarkbierfestについて 記事書いた時に思ったんです! ...