ドイツ

ドイツの住宅事情

はろーみなさんっ♡

ドイツに行く=家探し&引越し
という一大イベントがやってきますよね。

私はミュンヘンという街に住んでいましたが
ミュンヘンってドイツで一番物価も高くて、家賃も高くて、家探しが一苦労するんです!

他の地域からどんどんミュンヘンに移って来て、
毎年毎年、誰かが退居するたびに家賃が上がっていっています。

高い家賃でも、住みたい!という人達が沢山いるので
家主はどんどん家賃を上げていく。
この繰り返しなんですよね。

言葉が分からない外国人だけでなく
ドイツ人でさえも、家探しに一苦労しています。

そんなドイツの住宅事情について、お話しましょう!!

 

地域によって、家の雰囲気が全然違う

これは、日本でもそうですよね?
東京と、田舎の町では
家だけでなく、街並みも雰囲気が全然違っていたり。
ドイツも同じです!!

例えば、田舎町。
ここは、私の友達が住んでいた所。
ミュンヘンから電車で2時間くらい行ったカールスルーエという街です。

凄く自然がいっぱいで、時間がゆっくり流れるのどかな所♡

ここも場所の名前は忘れたけど、
ミュンヘンから電車で2時間もしなかった所。

そして、私が住んでいたミュンヘンの街並み。


一軒家は、少し離れたミュンヘン郊外にはあるんですけど、
もう、中心地の街並みはこんな感じ。

アパートですね。

ちなみに、私が住んでいたアパート一角はこんな感じ。

8階、9階建てのマンションのような感じです。

ちなみに、ドイツでは、アパートやマンションなど1階というと2階の意味になります。

日本 ドイツ
地下 Keller(ケラー)
1階 Erdgeschoss(エルドゲシュロッス)
2階 Erst Stock(エルスト ストック)
3階 Zweit Stockツウァイト ストック)

家を借りる

ドイツでは、学生や社会人の間でも
WG(ウェーゲー)という、ルームシェアを結構している人が多いです。

WGだからといって、
男だけ、女だけーと分かれていたりせずに、
男女共同で住んでいたりします。

これは、日本人からすると、抵抗があったりするのではないのかな?
でも、みんなそんなことは気にせず、女性の人でも洗濯物を堂々と干していたりしています。
WGのメンバー同士が仲が良いと、みんなでお出かけとかもあるみたいです♪
※日本人が大好きな大家さんが日本人の女性をWGとして住まわせて、セクハラ的なことをされたという被害が出ている地域もあるみたいなので、そこらへんは注意が必要です!

なので、まずは予算をみて、
自分が一人暮らしがしたいのか、
それとも予算を抑えてWGにするのかを検討されてみてください。

今はWGでも家賃が高くなっています。

私の場合、WGも経験しましたし、一人暮らしも経験しました。

やっぱり、ある程度収入があるのなら、
WGよりは、一人で自由にっていう方が良かったですね(^^)

ミュンヘンを例にすると、
WGで安くても家賃が400~650ユーロくらい
一人暮らしのワンルームでは、家具付で、650~800か900ユーロくらいが相場だと思います。

私の場合、ドイツに2年目、幼稚園の実習生として働いた時は
実習生だったので本当にお給料がそんなになくて、
ギリギリの生活でも家賃を最高出せても450ユーロぐらいでした。

でも実際問題、家賃が高いミュンヘンで400ユーロくらいでWGなんて、
もう、物件がすぐになくなるか、
ドイツ人しかとらない、とか
日本人という外国人にとっては厳しい世界。

後で紹介しますが、自分で自己紹介のプロフィールを書いて(顔写真付)
家探しのネットのサイトに載せたら、運良く
大家さんからメールを頂きました。
その時の家賃が320ユーロ。

これは、本当に奇跡です!!

一軒家の持ち主の60代のドイツ人おばちゃまの大家さん。
旦那さんが亡くなられていたので
空いた部屋をWGに貸していたそうです。

私が使っていた部屋には、専用のトイレとシャワーも付いていて
もちろん家具付で、洗濯機とキッチンだけ大家さんと共同でした。

色々あって、就職先も変わったので
そこは1年くらいでさよならしたのですが。

こんな好条件の物件を見つけて借りれるというのは
本当にまれかもしれないので
みんな、どこの地域も
ドイツでの家探しは大変だと言われているので
引越し予定、ドイツに移住予定がある方は
早めに動かれた方が絶対にいいですよー!

家の探し方

良い物件があったら、かたっぱしからメールをして内見の見学予定を入れていくことです!
家探しには、本当にスピードが命!
良い物件なんてみんなが狙うのでスグになくなります。

比率が尋常ではないくらいです。
なので、大家さんの方が立場が上です。

内見へ行くと同じように沢山の内見の人達がいます。
そこから、大家さんに気に入られないと
また、ふりだしに戻ってしまうのです。

一つの物件に対して10人くらい内見に来ている人達がいたりします。

私が借りていた単身用のアパートの大家さんが話していたのですが
ネットに空いたアパート情報を載せると2,3日でメールは100件以上くるんだとか。

そこから、どうやって選ぶんやねんって
大家さんからしても大変ですよね。

それくらい家を探している人達がいっぱいいるのが現状です。

そして、家探しって
大体、人からここ空くよーっていう情報の方がすんなり入れたりするんです。
ドイツでは、不動産っていうシステムがないような気がします。
大家さんと借りたい人達
個人でやりとりして、決まったりしちゃいます。

私がその単身アパートをゲット出来たのも
友人が日本へ本帰国するから、ここの部屋空くからどうかな?って
大家さんに尋ねてくれてOKをもらえたおかげで
家探しに苦労せずに、すんなり引越しすることが出来ました。

なので、やれることは全てやる!!やり尽くす!!

・まず、知人や友人など知っている人達に引越し予定があるのでどこか空きの部屋がないか情報収集。

・良い物件があったら、すぐにメールもしくは電話する。(返信は1割あるか、ないかぐらいです)

・もし、返信があれば、すぐに返事を返す!時間差があったら、物件を誰かにとられちゃいます!

・必ず内見に行く!

こんな感じで、後は様子を見ましょう。
長い人は家探しに半年もかかったりするみたいです。(実際に私の友人でもいました)

 

家探しに役立つドイツ語はろーみなさんっ♡ 前回の記事でドイツの家事情についてお話しましたが、 今回は、家探しの時に役に立つドイツ語のワードだったり、 ...

サイト紹介

では、ここで、私が実際に利用したサイトなどご紹介します!
まずは、探すにあたって、日本語、ドイツ語どちらのサイトも利用するのをおすすめします!
日本人に貸したいっていう家主もいたりするし、
日本人ネットワークで、駐在の方など、本帰国される人とタイミングが合えば物件ゲットできるかもしれないので。

日本語サイト

私は日本のドイツ掲示板に3つ程書き込みました。
家探しています!っていう欄と、入居者募集の欄をチェック!!
ミュンヘンに住んでいたので
MixB

ミュンヘン掲示板

あと、ミュンヘンの人はよく利用している
Ysuzuki掲示板

こちらも、当時の駐在員の奥様に教えてもらいました。
ミュンヘンに住んでいる人が登録していて、
何か中古で売ったり買ったり、イベントやったりなどの情報がメールから流れてきます。
ミューネット

あと、日本語のサイトで物件が載っていますが
通常の金額よりはるかに高いと思います!
お金持ちの方ならどうぞっていう感じで。
ミュンヘン・日本語家探し

こちらは
不動産とは違うのですが、
一緒に家探しを手伝って下さる会社です。
もし、契約された場合は紹介手数料を支払わないといけません。
MMGコンサルティング
日本でまだ働いていて家探しの時間がないという方が
ここを利用されていたのを知っています。

私も一度お願いしようとしたことがあるのですが、
8月から10月はドイツでは新年度なので
探している人達も沢山いて物件が全然なかったので
利用せずに終わりました。

あ、そうです。
もし家探しをするのなら、
8月~10月はやめた方がいいです!
(ドイツでは9月が新年度の為、大学生などもみんな探しているから)
競争率が2倍、3倍にもふくれ上がります!!

ちなみに、日本語サイトでの応募でも競争率が激しいです。
家探していますっていう情報を書いても、ほぼほぼ、何もコンタクトが来ないと思っていてください。
“家貸します”や、“私の後任を募集中です”など掲示板に書いてありましたら
自分からどんどん連絡をとっていかないと難しいと思います。

ドイツ語サイト

では、ドイツ語サイトの紹介を。

Immobilien scout24

Immowelt.de

WG gesucht

ちょっと、私が利用したサイトを見つけることが出来なかったのですが
こんな感じのサイトで写真付きの自己紹介をして、
家主に家探していますっていうアピールしました。
家主から直接メールもらえたらラッキー!!っていう感じです。
Mietgesuche

私の知り合いは、掲載料を払って新聞に家探しています!というのを載せて
家主の方から連絡もらって、ファミリーと同居している人もいました。
家賃が格安でした!!

ちなみに、ネットでアピールする場合は
写真は絶対に載せた方がいいし、
自己紹介の文も
仕事は何しているとか家事が得意とか、趣味はこれこれだーとか綺麗好きといった、
アピール出来る文章にした方がいいです。

沢山の応募者の中から誰を選ぼうというのは家主の特権。
一緒に生活するのなら
マナーがあって、綺麗好きで仕事もきちんとされている方がいいですよね?

参考に私が書いていた自己紹介の文章をまた別の記事であげたいと思います!

詐欺には気をつけろ!!

これ、本当に多いみたいです。
素敵な部屋の写真に家賃もほどよくお手頃な価格。
メールは出しても出しても全然返信がなく、
家探しに疲れた頃
返信ありが、こんな感じ。
“今仕事(旅行)でイタリアだから、先にお金を振り込んでくれ。
鍵は後から送るから”

と。

内見なし
お金を先に振り込め

は絶対に怪しい。詐欺です!!

私の友人も実際に詐欺にあいました。
もう、家探しに疲れて、職場に何ヶ月も寝泊まりしていました。

返信が来るだけでもやったー!とテンションが上がるのに
「あなたに決めました」
とか言われたら、
もう、あの辛い家探しから解放されると思って
お金を振り込んじゃったみたいです。

あとから、待てど待てど鍵は送られてこないし、
おかしい、詐欺にあったーっと気付いた時には
時すでに遅し

友人は勉強代と言っていましたが、相当ショックのようでした。
結局、家探しが苦難し、半年間は職場に住みついていましたね。

家探しの時には必ず、直接内見をして家主の顔を見てから
契約しましょう!
契約の時に直接手渡しで鍵も渡されます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
日本と違って不動産を使わないので
自分たちで苦労する家探し。

家賃も高いし、家は見つからないしで
あまりいいことないような感じもしますが
ドイツの家は日本よりも
解放的なつくりで、広々した部屋が多いです!

私はドイツの部屋に住みついて5年以上経つと
日本の部屋や家が小さすぎて、慣れません。笑

また、あんなゆったり広々した部屋に住みたいなという願望をもっているにこです。

この情報がみなさんのお役に立ててると嬉しいです♡

ではではーまたねーーん!
ちゃおっっ♡

 

家探しに役立つドイツ語はろーみなさんっ♡ 前回の記事でドイツの家事情についてお話しましたが、 今回は、家探しの時に役に立つドイツ語のワードだったり、 ...