保育・保育士・子ども関連

ドイツと日本 研修に参加して私が感じたこと

こんばんはーーみなさん!!

お元気ですか?

私は元気です。

6月ももう終わろうとしています。

夏に海に行くのが楽しみ過ぎる

にこです!!

今日はねどうしてもどうしても
書きたくなって
仕事終わってパソコン開いてますよ。

今日ね、

保育士会の研修に行ってきたんですよ。

テーマはベビーマッサージ!!

実技多めかなって思って、
まぁ、パートだけど?
堅苦しい難しい内容でもないから
行ってもいいかなって思って行ったんですよ!
(上から目線ですみません)

 

そうしたらね、

日本の研修って

10年以上ぶりで

私ドイツでの研修会に慣れていたもので

色々と違いを知って自分自身で驚きました。

今日はそれについてお話したいと思います!!

 

日本の研修とドイツの研修の違い

前もって話しておきますが

これは私が今までに経験してきたことです。

あきらかに、ドイツ、日本がこんな風に違う!!
と思わないでください。

あくまでも私が見た、感じた内容。

一個人としての意見です。

 

日本では…?

 

 

まず、規模がデカい!!

大会議室みたいな部屋に入って

こんなに椅子あるの?
こんなに資料あるの?

って驚きました。

縦長の机に3人ですよ。

私の場合

あいだに一人いなかったから
まぁ良かったけど

3人って

めちゃくちゃ窮屈。

多分全部で100人くらいいたのでは?

っていうくらい
前から後ろまで席がぎゅうぎゅうに埋まっていました。

 

マッサージするのに
狭い空間だなって正直思いました。

 

そして、日本人特有の
前に座りたがらない!!笑

ま、私はスタスタと前の真ん中の席に座りましたよ。

 

研修時間も2時間の予定でしたが
(実際2時間半くらいかかった)

先生達は仕事を終えて、そのまま研修へ。

研修終わったら

「今終わりました。今からそのまま自宅へ帰ります。」
「今終わりました。これから園に戻ります。」

って報告の電話みんな入れてた。

本当に結構な人達が。(観察していたけど)

 

めんどくさっっ!!


感覚が完全にドイツ人化しているのでしょうか??笑

私はもちろん
予定時刻よりも
30分おしていたけど
園には電話しなかったです!!笑

 

ちなみにドイツだと丸1日、もしくは2日間かけて
研修があるので
保育の現場には行かないのです。

そのまんまその日は研修先に直行&自宅へ直帰。

 

 

 

そして、一番感じたことが

これ、研修だけでなく、
日本の授業の在り方、
講義の在り方もそうだと思うんですけど

先生や講師の一方通行だよね??

 

講師の先生は
ひたすら前もって準備していた資料を
プロジェクターのスクリーンを通して説明する。
説明というか読みあげるって表現がいいかも。

ただ、読みあげているだけ。

参加者の方はその映し出されたスクリーンの文章をひたすらメモする。
聞く。

 

もう、何か

ドイツと全然違い過ぎて本当にびっくりしました。

 

何じゃこりゃ、みたいな。

こんなやり方だったら全然頭に入ってこんわ。

だって

参加者はただ、講義を聞くだけ。
メモとるのに必死になって
先生が何言ってるのか
全く頭に入ってこないし
実践も出来やしない。

 

ベビーマッサージを実践するために
お人形持ってきたんだから。

それならメモとらないでいいような
資料作りをして配布して頂きたい
と私は切実に思いました。

 

資料の作り方も
もっと工夫できるはず。

 

先生の完全なる一方通行。

そう、とにかく

受け身なんですよね。

発言する機会すらない。

まぁ、多数の日本人は発言しようとも思わないんでしょうけど。

 

一番最後に『何か質問ありますか?』って

講師が聞いて
やっと質問できた私。

 

もう途中で聞きたくなったわ。

 

 

これがドイツだとどう違う?

 

 

規模が小さい。

 

私が今まで参加した研修はいつも

15名~20名くらい。

部屋も小さめでこじんまりとしています。

そして、必ず円になって
みんなで自己紹介がありました。

一番最後にも
どこが印象に残ったのかとか、
ここが学びになったのかとか
それぞれ一人ずつ発言していくんです。

これが私にとっては
ドイツ語が苦手で
とにかく苦痛でしたねw

 

ドイツは
先ほども話した通り

私が参加した保育関係の研修は
丸1日、もしくは2日間続けてありました。

なので、必ず
水やコーヒー、紅茶などの飲み物もあるし
バナナやクッキー、チョコレートなどのお菓子も
研修室には用意されていました。

それを自分が好きなタイミングで取って
講師の人が話していようが関係なく
食べたり飲んだりしていました。

トイレも休憩時間ももちろんありますが
行きたい時に席を立って行くスタイル。

昼食も
研修先の主催する側によって
異なるのですが
研修先に温かい昼食が配られたり
近くのレストランへ行って注文したり。
(その昼食代も私個人として支払わなくていいのです)

あと、面白いと思ったのが
昼食一つ選ぶにしても
6~8種類の中から
自分が好きな物を選べたんです。

 

日本だったら
みんな同じお弁当が出てきそうですよね。

とにかく
ドイツは一人ひとり
個々を大切にしているんだなって思います。

 

全てにおいて
自分で選択できる。

 

そして、研修の進め方が全然日本とは違いました。
今日実感しました。

まず、講師の一方通行ではない。

絶対にない。

講師の先生はもちろん説明もするし、
資料も配る。

で、
参加者の人達は
説明も聞くし資料を目に通す。

でも、必ず

必ず
みんな発言しているんです。

ドイツでは
何か意見を言う時には
人差し指を挙げて
「私意見ありますよー」って先生に目で訴えます。

日本では手を挙げますよね。

そして、先生があてていく。

 

ただ、その数が半端ない。

 

もう、みんな
みんな次から次へと次へと発言していく。

意見を交換していく。

ディスカッションしていく。

そう。

ドイツでは
自分の意見を発言することが最も大切なのです。

学校の先生からすると

あぁ、この子は
きちんと、テーマについて考えて発言しているのね。
=(イコール)
やる気のある子

とみられます。

 

なので、みんなどんどん会話の中へ入っていくのです。

そして、自分の意見を言ったり
相手の意見を聞いて考えたりしています。

 

これ、違い分かりますか?

 

嫌でも頭に入っていきますよね。

だって、こんなやり方だったら
日本の授業のように
眠ったり出来ないですよ。

まぁ、少人数っていうのもあるのでしょうが。

私はもう研修内容
テーマが難しかったり
ドイツ語理解していなかったりで
発言出来ませんでした。

でも、それでも
たまに、3~4人のグループ作って
発表会みたいなのがあるんです。

例えばあるテーマがあったとしたら、
それについて
適当にその場でグループ作って
そのメンバーで意見交換。

その意見を
各グループで発表していく。

これも
研修先でよくありました。

だから、嫌でも発言しないといけない環境になっていました。笑

でも、ドイツ語分からないなりに
理解しようと読解を頑張るんです。

意見言わないといけないから
考えるんです。

 

もう、テーマについてめちゃくちゃ
頭で考えて、自分の意見を見つけ出していくんです。

 

日本の教育について

これって日本の教育にも凄く置き換えることが出来ると私は思うんですよ。

 

私、以前ある方のセミナーに参加したことがあるんです。

講師の話を聞いて
○○しましょう。

っていって、集団で同じことをする。

 

私は
「え?やりたくない人はどうすんの?」

見ているだけでもよくないの?
この部分だけ参加してもよくないの?

って、凄く違和感を感じました。

 

会社や企業でもそうですよね。

 

朝礼があって、

偉い人が話して、周りの人はただフムフム聞いているだけ。

 

これって意味あるのかな?

右にならえ→右にならう
左にならえ→左にならう

 

みんなと違うことをしていたら

「あいつはおかしい」

「生意気だ」

とみられる。

 

みんなと同じが良い

みんなと同じが安心

 

 

個性なくない??

 

って私は思うんですよ。

 

日本人の集団行動って

本当に海外からすると考えられないくらい不思議です。

素晴らしい部分も尊敬出来る所も
もちろんあります。

みんなが協力して成し遂げていくとか
自分のことよりも
他人のことまで考えられる優しさとか。

でも、この集団行動って
小さい時から。

幼稚園や保育園から小学校

もう幼き時から形成されていっているんですよね。

運動会でも発表会でも。

 

私は自由人になっちゃったから

思うのです。

 

 

その子、その子、

一人ずつ

その子にしかない個性が

もっと伸ばせるような環境って大切だなって。

 

日本の今までのやり方、教育だと

無意識のうちに

こうあるべき。

っていうルールが作られてしまって

せっかくの個性が潰されてしまいます。

 

何だか、凄く残念だなって。

 

今日の研修から話がだいぶ話が飛んじゃいましたが

私はドイツに住んで

ドイツ人と関わっていく中で

ドイツ人強えぇな!!って

めちゃくちゃ何度も思ったんですけど

その強さに何度も泣かされてもきましたけど。

それって
自分の意見や考えをしっかりもっていて
伝えているだけなんですよね。

まぁ、悪い言い方をすれば
こだわりが強いとも言いますでしょう。

 

でも

本当は?

本音があるのに
伝えれない自分よりも

伝えれる自分になれることが
その人の個性を大切に出来て
良いのかなって思うんです。

 

全てを否定しないで
みんながみんな

100人いれば100通りあるように

正解なんてなくて

全部いいのかなって。

 

そんな風に思いました。

 

私は日本から一歩外へ出た時に

日本の当たり前って

海外では全然当たり前やないんだな。

 

なんなん、このルール。

って

今までの価値観、考えが全て
ぶち壊されたのです。

 

 

 

だから、こうあるべき。〇〇すべき

というルールにとらわれないで、

もっと自分の気持ちや感情を大切にして

これから

みなさんには生きていってほしいなって思います。

 

 

 

 

 

何だか全然まとまらないですが

今日、研修へ参加した私の想いを書いてみましたー!!

 

 

読んでくれてありがとうございます♡

 

ではでは、みなさん

良い夜を。

 

ちゃおちゃおーーーーっっ♡